離婚協議書作成

離婚後によくあるトラブル

離婚後によくあるトラブルとして、以下のことが挙げられます。


・払うといった養育費が毎月払われない

・養育費を大幅に減額してくれと言われた

・何も取り決めをせず、離婚してしまった

・婚姻中の財産をもらっておけばよかった

・口約束だったため、言った言わないで話が進まない



離婚後にも、取り決めをすることは可能ですが、なかなか折り合いがつきません。
後々のトラブルを防止するため、離婚に際する取り決めは、文書ですることが鉄則です。

お問合せフォームページへ

協議書は公正証書に。

写真
トラブルの中で、一番多いのが、


・せっかく取り決めをして、文書を交わしたのに、支払いをしてくれない!


という点です。


公正証書にすることで、支払いがない場合、調停等の裁判手続きをせずに、
口座を差押え、財産を確保することが出来ます。




万が一、支払いが無い場合に備えて、離婚協議書は、公正証書にしましょう。

お問合せフォームページへ

行政書士に頼むと良いこと。


夫婦で離婚に合意し、書類に残そうと決まったら、是非当事務所にご相談ください。

当事務所にご依頼を頂くと、以下のメリットがあります。



・親権、養育費の他、書類に残しておいたほうが良いことをアドバイスさせて頂きます。

・ひとりひとりに合った書面を作成させて頂きます。

・公証人役場(公正証書にする場合は、こちらに行く必要があります。)
 での事前打ち合わせを全てさせて頂きます。

・書類作成に必要な戸籍謄本等を代わりに取得させて頂く為、役所へ行く手間を省くことが出来ます。

・離婚後に必要な手続きを説明させて頂きます。



是非一度ご相談ください。

お問合せフォームページへ